TWITTER

title_7_09

eyecatch_7_09_1

eyecatch_7_09_2


第32話「ジャミングバーズ」

【ガビル】
あらゆる物に【美】を見出して
【美】を叫ぶ、プロトデビルン。

Dr.千葉の「音エネルギー理論」に基づいた
サウンドブースターにより、プロトデビルンに対し
着実に実績を重ねたファイアーボンバーに
気を良くした軍は「M−Project」を軌道に乗せようと
「第二のファイアーボンバー」を探していた。

そして、シティ7では新たなプロジェクトの
メンバーをオーディションしていた。
新たなバンドの名前は「ジャミングバーズ」

150722-0002

素晴らしいプロポーションの千歳リップルさん。

150722-0004

一度はバンパイアーにスピリチアを吸い取られながらも
復活したボビー・ラコステ。

150722-0005

そして、「ミリア市長」
って、エースのミリアさん、何やってるんですか。
思わず、頭を抱えるマックス艦長。

150722-0006

オーディションも終わり、メンバーも決まって、
厳しいリハーサル?の後、ついに「ジャミングバーズ」のお披露目会。
プロデューサーはハニー・鈴木。
赤いシャツの気持ち悪い男(笑)です。

150722-0007

お披露目ライブが始まりました。
千歳リップルさんは合格したみたいですね。
ボビー君も合格してました。
ミリア市長は残念ながら・・・

お披露目ライブの途中にいきなり敵襲のサイレンが。

150722-0008

ガビ「ゲペルニッチ様のマインドコントロール期間、1450」

150722-0009

ガビ「完璧美を見せてやる」

「ジャミングバーズ」は初陣に出るもまったく
歌うことが出来ない。

バサラは軍にバルキリーを抑えられ、戦場に出ることが出来ない。

それでも、ミレーヌ・レイ・ビヒーダが駆けつけ、
歌エネルギーでマクロス5の兵士達のマインドコントロールを解いていく。

150723-0001

ガビ「同じ手か。では無い」

150723-0002

マインドコントロールが解かれたマクロス5の兵士達に
再び、マインドコントロールのビームを浴びせる。

150723-0003

ガビ「敵を殲滅せよ、徹底的に殲滅せよ」
殲滅美

再び、マクロス5の兵士達はマインドコントロールに
かかり、ミレーヌ達を攻め立てる。

150723-0004

ガビ「我がマインドコントロールパワーの威力!究極の増幅美!」

150723-0005

バサラがいない事に気がついたガムリンは
軍の格納庫へ行き、ファイアーバルキリーを
バサラに渡す。
「って、ガムリンさん、大丈夫なの?」

そして、熱気バサラ登場!
Dr.千葉「よーし、サウンドブースター1号機、発進!」
バサラの歌エネルギーにより、マクロス5の兵士達は
どんどんマインドコントロールが解けて、
戦いを放棄始める。

150723-0006

ガビ「なーに、所詮、繰り返しの技。の欠片も無い」

150723-0007

ガビ「ンーーーーーー、グーーーーーーッ」

150723-0008

バサ「ガラスに変わってしまうーーー」

150723-0009

ガビ「グアーーーーッ、何だ、今日のアニマスピリチアは」

150723-0010

ガビ「いや、究極の美ではない。これは怒りの美

軍のやり方に怒りを覚え、歌が何なのかを確かめようとした
バサラの渾身のサウンドビームにガビルも撤退せざるを
得なかった。


第31話「熱愛スキャンダル」

【ガビル】
あらゆる物に【美】を見出して
【美】を叫ぶ、プロトデビルン。

バロータ3198XE第4惑星にて

150721-0003
150721-0004

ガビ「いったい、どうするおつもりで。まだ、ゲペルニッチ様を呼び覚ますにはスピリチアが足りません」

150721-0005

いきなり、ある物体にスピリチアを放出するゲペルニッチ。

150721-0006

ガビ「ゲペルニッチ様!」

150721-0007

ある生命体が呼び覚まされそうになる

150721-0008

ガビ「バ、バルゴ!」

150721-0009

呼び覚まされたバルゴ

150721-0010

バル「ガビル、俺に用か?」

150721-0011

ガビ「私がおまえなどに用があるはずもない」

どうやら、ガビルとバルゴは仲が悪いみたいだ。

150721-0012

バル「では、他が我を呼び覚ました」

150721-0013

ゲペ「私だ。今はここにいる」

150721-0014
バル「はっ!その目は。何と、ゲペルニッチ様」
「我を先に呼び覚ますとは」
ゲペ「夢の隙間におまえの姿を見たのだ」
バル「夢!」
ゲペ「遥かなる星々の煌めきの間に消えては輝き、輝いては消える。流離いの吟遊詩人が奏でるような微睡みの夢だ」
バル「我が力、必要とあれば、いつでもお貸ししましょう」

150721-0015

ゲペ「ンアーッ」

バルゴが呼び覚まされた事に不満そうなガビル。

150722-0001

熱気バサラのアニマスピリチアに吸い寄せられた
バルゴの使い魔達もサウンドブースターの攻撃に
やられてしまった。

結局、今回はガビルの「」を発揮する事は御預けとなった。