TWITTER

1/72 VF-11B サンダーボルト HASEGAWA

VF-11は2040年時点で統合宇宙軍の主力機として移民船団や移民惑星に
配備され長期間運用された機体である。
VF-1の正統後継機とも言うべき存在の本機は、火力、操縦性、整備性など
あらゆる点にすぐれ、高い総合性能を示し、大気圏内外を問わない
汎用性を備えている。
また、VF-1に比べ一回り大型で機内容積や搭載重量が大きく
運用目的に応じたバリエーション展開も容易であった。

初期生産のA型は少数のみで、量産体制は早い段階でエンジン性能の
向上と最適化が図られたB型へ移行した。

パッケージイラストは、天神英貴氏。

主翼は左右連動による可動式で、後退角度を変える事が出来る。

武装はVF-11B専用の30mm6連装ガンポッドを搭載。

エアブレーキは開閉選択式、ベクタードノズルは可動します。

成形色

パイロットは1体付いています。

 

デカールは発色の良いシルクスクリーン印刷で、一般量産機用デカールもセット。

[付属デカール]
・統合宇宙軍 イサム・ダイソン 搭乗機
・一般量産機用のデカール:機番、ロービジ細部マーク、オリジナル部隊マークなど


Leave a Reply