VF-2 SONICBIRDS

HASEGAWA 1:72 VF-1A VALKYRIE VF-2 SONICBIRDS

統合戦争終了後の西暦2009年、シスター・スコードロンの
VF-1スカルズと共に攻撃空母CVN-101プロメテウスに
配備された統合海軍最初の戦闘機部隊の一つ。
日本のアツギ・ベースで部隊編成が行われ、部隊名と
部隊マークは日本に古くから伝わる、人馬を喰らい、
超高速で飛行する伝説の怪鳥をモチーフとしている。

部隊編成当初はまだ世間一般に向けてはVF-1バルキリーに
大気圏外運用能力があり人型に変形することなどはまだ
公表されておらず、単なる新型艦上戦闘機として認知されていた。

翌2010年、SDF-1マクロスの進宙と共に統合宇宙軍に改編入され、
部隊ナンバーの前に「S」が追加、「NAVY」が「SPACY」に
変わった以外はこれといって塗装とマーキングは変わっていない。

また、対ボドル艦隊戦まではロービジ機が混在していた。

【DATA】
全  幅:14.78m(展張時)
全  長:14.23m
エンジン:新中州重工・P&H・ロイスFF-2001熱核反応タービン、
推力11,500kg×2
最大速度:マッハ2.71(高度10,000m)
武  装:ガンポッド・GU-11・3連ガトリング砲、対空レーザー・RÖV-20

 

成形色

パイロットは付いていません。

デカール


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です