VF-25Fメサイアバルキリー アルト機

BANDAI 1/100 VF-25Fメサイアバルキリー ファイターモード アルト機

VF-25は2059年現在、新統合軍の主力可変戦闘機VF-171の
後継機として開発が進められている新世代可変戦闘機である。
地球統合軍にて設計された試作機YF-24の機体データを元に
フロンティア船団の民間企業L.A.I.社と新星インダストリー社が
改良開発。

現在、試作運用という目的でS.M.S.に配備されている。
VFの定義であるファイター、ガウォーク、バトロイドの
3形態への変形が可能。

外見のフォルムはVF-1を踏襲しているが、変形機構は
全く異なっており、空力特性を重視し、全体的に
スリムになったことでアーマードパーツを装備した
ままの変形も可能。

VF-25は機体と同時にスーパーパーツ、アーマードパーツ、
偵察パックなどを性能拡張モジュールとして開発。
モジュール交換により戦闘機、攻撃機、戦闘爆撃機、
無人戦闘機隊指揮用機など多目的な展開が可能。
S.M.S.ではパイロットと任務の特性にあわせ、機体を
カスタムメイドしている。

【VF-25Fスペック】
設計・製造:新星インダストリー社
このS.M.S.専用機についてはマクロス・フロンティア新星インダストリー工廠において設計修正・製造されている。
原型機初飛行:2057年6月24日(新星インダストリーテストフライトセンター/惑星エデン/ラグランジュポイント上工場コロニーL2)
『ファイター形態時』
全長:18.72m
全幅:15.50m(主翼展開時)
全高:4.03m(主脚含まず)
空重量:8,450kg
機体設計最大荷重:27.5G
エンジン:新星インダストリー/P&W/RR社製FF-3001AステージⅡ熱核タービンエンジン×2(推力1,620kN+×2)スラスト・リバーサー、3D機動ノズル装備
高機動スラスター P&W HMM-9
最高速度:M5.0+(高度10,000m、それ以上の加速も可能であるが耐熱限界となるため)

成形色とマーキングシール。

マーキングシールとカラーガイド。

組立説明書。


VF-25Fメサイアバルキリー アルト機」への3件のフィードバック

  1. コメント失礼いたします。部品を紛失し、取説の表裏の掲載をお願いできないでしょうか?大変申し訳ありません。

  2. 台座部分を紛失し、数字がわかるように台座部分や部品注文部分アップになると嬉しいです(^^)

  3. はるさん、はじめまして。
    ご入用の絵はこれで良かったでしょうか。
    違いましたら、また、ご連絡ください。

yossie へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です